【イギリスの母】

私のイギリスの母Wendyが今朝亡くなりました。81歳でした。

10代後半にイギリスのコベントリーという工業都市に留学し、英語が全くわからない私を2年半本当の母のように預かってくれました。いや本当の母でした。彼女に会わなかったら今の私はいません。今、英語を使って仕事をし、アメリカで英語環境で暮らしている私。あの10代の大事な時期にWendyに育ててもらわなければ今の私はいないと思います。旦那さんのドナルドは音楽の先生で町のブラスバンドを仕切っていて、ウェンディは幼稚園の先生。ドンは今まで会った中一番ユーモアセンスの持ち主。残念ながら60代前半に亡くなりました。イギリスの食事は美味しくないという人がいるけれど、それは違う。ウェンディは毎週日曜日にサンデーローストビーフ、ポーク、チキンなどを朝早くから仕込んで、毎週末がとても楽しみな食事を作ってくれました。厳しかったけど、10代、の私にはとてもその厳しさが大事だった。厳しさの中にもユーモアがある人でした。娘が3人いて、私を娘No4と呼んでくれていました。週末や長い休みの度に色々な観光地に連れて行ってくれたり、ソーシャルクラブでビンゴに行ったり。充実した毎日を送らせてくれました。最後にイギリスに行って会えたのは17年前だけど、主人のブライアンにも会わせることが出来て、ローストビーフも食べさせてもらって、夜にはソーシャルクラブに行ってビンゴを楽しむことが出来ました。それからは、数か月に一度電話をして、手紙を書いて、最後にゆっくりと話が出来たのは今年のイギリスの母の日。花を贈ってそれが届いたことにとても喜んでくれて。数年癌闘病をし、怪我をして夏前に入院してからは、娘たちがが連絡をくれて、携帯で写真を送ったりして、それを見て喜んでくれたという報告をもらったり。最後に話は出来なかったけれど、少なくとも写真を見てくれたり、それを見て喜んでくれたという報告だけでも嬉しい気持ちでいっぱいです。これからもウェンディは私の心の中に居て、私の子供達や孫たちにも彼女のことを語り継いでいきたいと思います。ゆっくりと休んでください。

I am so heart broken. I am so sad to hear that my English mum, Wendy passed away this morning UK time. If I hadn’t met wendy, I wouldn’t be who I am today.
I moved to Coventry, UK when I was in the late teens. I didnt speak a word of English at that time. I homestayed Wendy and Don’s house for 2.5 years. Don was a music teachere and had his synphonic band. Wendy was a Kinder teacher. They have 3 daughters. Liz, Fiona and Sara. They called me daughter No. 4. They really took care of me. Don was such a funny man. Great sense of humor. Unfortunately, he passed away in his early 60s. Wendy was great cook. She used to make roast meats, gravy, English pudding and puddings. Yes she made roast beef, pork, chiken every Sundays. English sunday roast and tea.
They took me everywhere. A lot of weekend trips in Coventry and westmiddland. Social clubs on Friday nights and bingo. They took care of a lot of International students. I was there the longest so I had a lot of foreign students to get to know their cultures, foods and interest too. Wendy was stirict on certain things. She was my mum. She really took care of me.
Last time I met her was 16 years ago. Brian and I visited UK and visited her and her second husband, Alex. Brian had a chance to eat her roast beef and went to social club to play bingo.
Unfortunately, we have never had a chance to visit her in England since then. but I kept in touch. I called her every couple of month, sent flowers for mother’s day and her birhthday. She loved taking care of her backyard. When she hospitalized, Sara and Liz kept me updated her condition. I could send our family pics. time to time by what’s up. Even though I couldn’t talked to her since she hospitalized before summer but I had a very very nice chat around English mother’s day. She closed her 81 years of her life by surrounded by her wonderful children and grandchildren and a lot of wonderful memories of having International students. I am so so lucky girl to have her in my life.
I love you so much Wendy. R.I.P.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。